スマホアプリ全開攻略~2号館~

プレイ中のゲームアプリの攻略方法・キャラなどの事を記事にして残すブログ。

ブレオデ|ゼノスは強い!? 性能について全力解説!!

f:id:jyankman:20171105064743j:plain
闇属性/☆6/大剣/アタッカー

どうもどうも、おはようございます!管理人ジャンクです。

本日の記事は、ゲームアプリ『ブレイジング オデッセイ』の闇属性アタッカーユニット「冥闇の魔王ゼノス」についての解説記事です。

ゼノスの各バトルスキルの詳細・アビリティ情報などについて解説しています♪ぜひ読んでみてください(*'▽')b

入手方法

ゼノスは、一部の召魂から低確率で出現する限定☆6ユニットです。

ピックアップ時にしか入手できないユニットなので、狙う場合は事前に必ず提供割合を確認してから召魂を行いましょう。

ゼノス バトルスキル

f:id:jyankman:20171105175452j:plain

ゼノスの攻撃系バトルスキルはどれも破壊力バツグンで、単純な攻撃力だけで言えば全アタッカー中トップ。

特にTPを全消費して使用する「深淵ヨリ来ル無窮ノ刃」の威力は凄まじく、スケールの違いを感じます。

なお各種攻撃系バトルスキルの消費TPの多さは、サポート系バトルスキル「冥漠ナル魔力」とアビリティ「奔流スル魔力」の効果でカバー出来ます。

冥漠ナル魔力
自身に効果。6ターンの間、ターン開始時にTPを24回復する

消費TP16で使用出来る強力なサポート系バトルスキル。

持続時間・TP自動回復効果がとても高く、早めに使用しておくとスムーズにTPを回復しながら戦う事が出来ます。

バトル開始時に素早く使用しましょう。

無辺ノ波動
敵全体に効果。能力アップを1個解除する

敵全体の能力アップ効果をまとめて解除する強力なサポート系バトルスキル。

他のユニットが使用可能な「ディスペル」の全体版ですね(*'ω'*)

消費TP量も24と少ないため気軽に使用出来ます。

刹那ヲ裂ク大鎌
単体攻撃。自身の攻撃力の330%ダメージの闇属性攻撃を行う。

敵単体に大ダメージを与える攻撃系バトルスキル。

全体攻撃を必要としない場面で使用すると効果的。

消費TPが53とかなり多く連発には不向きなので、チェイン数を稼ぎ終わるターン後半に使用するのがオススメです。

虚無ニ誘ウ渦
全体攻撃。自身の攻撃力の240%ダメージの闇属性攻撃を行う。さらに2ターンの間、闇属性ダメージが20%アップ。

全体攻撃とサポート効果をミックスした強力なバトルスキル。

このバトルスキルを使用して闇属性ダメージをアップさせ、他のバトルスキルに繋げていく戦法が強力。

次ターンに大技、深淵ヨリ来ル無窮ノ刃を使用したい時にも効果的ですよ(/・ω・)/

深淵ヨリ来ル無窮ノ刃
全体攻撃。自身の攻撃力の341%ダメージの闇属性攻撃を行う。TPを全て消費し、余剰TPに応じてダメージアップ。

TPを全消費して放つ強烈な全体攻撃。

使用するとTPがカラになるので、ここぞ!という場面での使用を心掛けましょう。

また、TP140の状態で使用すると凄まじい威力になるため、使用前にTPをしっかりと溜めておく事も大切です。

事前に他のユニットの攻撃系バトルスキルを使用し、チェイン数を稼いでから使うとさらに効果的。

広告

 

ゼノス アビリティ

バトルスキルに負けず劣らず、アビリティも超強力。

闇属性ダメージを強化する「虚無ヘ返ス翼」、チェインダメージを強化する「破滅ノ理」の効果を利用し、攻撃力を大幅アップさせる事が出来ます。

また、TP最大値を増やす「奔流スル魔力」、TP回復効率を良くする「無極ノ泉」も大変便利です。

通常攻撃強化5
通常攻撃のダメージが40%アップ
深淵ヨリ来ル無窮ノ刃強化4
深淵ヨリ来ル無窮ノ刃のダメージが35%アップ
虚無ニ誘ウ渦節約4
虚無ニ誘ウ渦の消費TPを25%軽減
虚無ヘ返ス翼 Lv.3
闇属性ダメージが35%アップ
無極ノ泉 Lv.3
通常攻撃時にTPが6アップ
破滅ノ理 Lv.3
チェインダメージが40%アップ
深基ナル刻 Lv.3
冥漠ナル魔力の効果ターンが3ターン増える
奔流スル魔力 Lv.3
TPの最大値が40アップ、初期TPが35アップする
終わりの定義
闇属性ダメージが2%アップ

ゼノス 相性の良いソウルメイト

総評

ゼノスは高威力の攻撃系バトルスキルを武器にガンガン敵を倒せる強力なアタッカーです。

消費TPがかなり多いという欠点も他のスキルやアビリティ効果でしっかりとカバー出来るため、使い勝手もすごく良いですよ(/・ω・)/

また、通常攻撃が全体攻撃、敵全体の能力アップを打ち消せるという点も大きな長所です。

入手出来れば間違いなく大きな戦力になってくれるでしょう。