スマホアプリ全開攻略~2号館~

プレイ中のゲームアプリの攻略方法・キャラなどの事を記事にして残すブログ。

【IdentityV 第五人格】泥棒の性能・特徴について

f:id:jyankman:20180713092947j:plain
泥棒 (クリーチャー・ピアソン)

【identityV 第五人格攻略まとめ】

スマホゲーム「Identity V」(アイデンティティファイブ)のサバイバー、

  • 泥棒

の特徴・性能などについてあれこれと書いてみた。

広告



泥棒の特徴

f:id:jyankman:20180713094839j:plain

メリット

  • 最初から懐中電灯を所持している。懐中電灯の有効時間(耐久値)が100%上昇する。
  • 板・窓を乗り越える速度が15%上昇する。チェイス時の性能が高い。
  • 全員の暗号器の調整発生確率が10%アップする。そのため調整の上手いユーザーが揃っていると通常よりも早く暗号を解読しやすくなる。
  • 全員の箱を開ける速度が100%アップする。
  • 以上の事から泥棒はチェイス向けの性能を持ったキャラだという事が分かる。ハンターに遭遇した際はチェイス(逃走)でなるべく時間を稼ぎ、他のプレイヤーが解読に集中できる環境を作りたい。
  • また箱を開けるのが早いため見かけたら積極的に開けるようにしたい。注射器や銃が手に入るとかなりオイシイし、冒険記やステッキを使えばハンターとのチェイスを有利に運ぶ事が出来る。
  • 服装が草のような色をしており、草むらで伏せられると遠目に見た時に気付きにくい。ただしレーダーには移るので注意が必要。
  • 解読性能に関しては長所も短所もあるため、デメリットの項目でまとめて解説する。

デメリット

  • 懐中電灯で敵を怯ませるにはかなりのコツが必要。視線を逸らされるとゲージが溜まらないため成功しにくい。また耐久値もあまりやすく、結局は耐久アップの恩恵を受ける事がなかなか出来ない。
  • 調整の判定範囲が10%狭くなる。さらに調整が発生しやすいため操作に不慣れな方が使うには不向きなキャラである。
  • 調整の範囲が狭くなる効果は他のプレイヤーにも適応されるため、もともと調整が苦手なキャラの性能をさらに下げてしまう。場合によってはかなりやりにくく感じる事だろう。
  • 板・窓を乗り越える速度がアップするが、この効果はチェイスをしないのであればあまり役に立たない。 したがってチェイスに積極的に参加しない場合は泥棒を使うのはあまりオススメ出来ない。
  • 上記の事から、泥棒は操作に慣れた上級者向けのサバイバーキャラだと言えるだろう。

広告


泥棒 内在人格振りわけ例

筆者の振り分けを載せておく。

救出・チェイス重視

f:id:jyankman:20180713164706j:plain

【習得例】

  • 強迫神経症
  • 気が散る
  • 寒気
  • 機械精通
  • 吊り橋効果
  • ナマズ効果 3/3
  • 羊の群れ 3/3
  • 危機一髪
  • 火中の栗
  • 反面教師 3/3
  • 膝蓋腱反射 3/3
  • 割れ窓理論

割れ窓理論・膝蓋腱反射でチェイス性能を高め、危機一髪で救出性能を高めた構成。

元々のチェイス性能が高い泥棒の長所をそのまま伸ばす事を考えて振り分けました。

捕まった味方を積極的に助けたり、自身がハンターとチェイスを行って時間を稼ぐ。

味方が暗号を解読する時間をなるべく稼いでいこう。

【同じ振り分けを使用しているサバイバー】

【identityV 攻略まとめ】